【制裁不可避?】トヨタ様アメリカで2021年新車販売台数1位に!さすが?やりすぎ?【米国メーカー以外の海外勢では史上初!】

toyota純利益推移 投資アイデア

↓クリックで応援してもらえると喜びます!

にほんブログ村 投資ブログへ

スポンサードサーチ

史上初!米国以外のメーカーが、米国で新車販売台数1位

記事によると、2021年の米国新車販売台数で、トヨタ自動車で首位となったとのことです。
さらに、米国以外のメーカーが年間販売台数1位になるのは史上初で、
米ゼネラルモーター(GM)が、1931年から保ってきた首位の座を90年ぶりに明け渡したことになるそうです。
参考のニュース記事

これは本当にすごいことですね。さすがトヨタ様。
IT業界など、各ジャンルでアメリカや他国に圧倒されていることが多い中、自動車業界は1位。
日本のメーカーの中で、圧倒的に世界に誇れる中の一つです。
日本人として誇らしいことこの上ないですね。

しかし、当然アメリカの国民性もあり?気分は良くないはずです。
GMが90年間守ってきた首位の座を奪ってしまったことで、
今回、新車を売りにくくするか、制裁金など何らかの制裁が来ることは間違いないでしょう

以下で、米国や、各国がトヨタに行ってきた制裁を紹介します。

スポンサードサーチ

今まで米国がトヨタにしてきた制裁

2021年 制裁金1億8000万ドル(約190億円)

これは、記憶に新しいところですね。2021年1月の話です。

2005年頃から、2015年半ばまで、車両の排ガス関連の不具合について、当局への報告が遅れたとのことです。
同様の違反に対する制裁金としては過去最高だそうです。
不具合も、申告遅れももちろんダメなことですが、実際の不具合は微々たるものだったそうです。

これについて、トヨタは認めて、制裁金を支払っています。
参考のニュース記事
排ガス規制そのものがですが、トヨタを追い詰めるためだとも思えてしょうがないんですが、
もちろん環境問題は大事ですが、規制の内容が、、、
販売台数に対して、EV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)等のゼロエミッション車を何割販売しないと罰金などなど
詳しくは、カルフォルニア州ZEV規制等で調べてみてください。

2014年制裁金12億ドル(約1200億円)

これは、懐かしくも有名な話ですね。

トヨタ車のかの有名な車、日本で言うプリウスの話です。
フロアマットにアクセルがひっかかることで、急加速してしまい、事故が発生。
事故自体あってはならないことですが、この件では事故があった後の対応について問われました。

内容は下記になります。
『この事実をトヨタが、安全性の問題を認識していながら、ただちに公表・修理を行わなかった。
また、消費者をミスリードする声明を出し、米議会にも不正確な事実を提供した。』とされています。

まあ問われた時点で、逃げることはほぼ不可能ではありますが、
この件、トヨタは認め、12億ドルの制裁金を支払うことで、米司法省と和解しています。
参考のニュース記事
はいとんでもない額です。

このように、ちょっとでも何かあると、多額の制裁金を払わされてきたわけです。
それでも強すぎるトヨタさんは、当然世界的にいろいろと制裁?新車を売りにくくされてきています。
例えば以下になります。

スポンサードサーチ

今まで各国がトヨタにしてきた制裁

一番今流行りのだけ紹介します。
それは、いま世界的に(特に欧州)実施している、
ガソリン車廃止、EV(電気自動車)にしないと売れないようにするというものです。

欧州も自動車産業が盛んで、特にドイツのフォルクスワーゲンは、世界販売台数を毎年トヨタと1位2位を争っています。

このガソリン車廃止政策は、今も続いており、各国の対応が気になるところではありますが、
今の流れを見ていると、さすがトヨタ様って感じです。
簡単な流れは下記になります。

EVにしないと欧州で売れないようにします!

あれ?蓋を開けたら、EVの肝となるモーターとバッテリーのシェアが日中韓に独占されつつある!
(バッテリーは中韓で約6割、モーターは日本電産が一強、最強)

2040年までにEVへの完全移行は無しにしようかな・・・

COP26で自動車産業が盛んな各国がサインしなかったのを見てトヨタは・・・・
電気自動車のラインナップを30車種発表!!!さすがトヨタ様!!!

こんな感じで、欧州及び各国の心はへし折れたかと思いますが、今後の動きにも注目していきたいですね。

スポンサードサーチ

各国にあの手この手で妨害されているトヨタの純利益や、株価の推移は

トヨタの純利益推移

さすがですね。毎年いろいろあるのに、最近ではコロナショックや、半導体不足、各国のロックダウンで部品不足、車が作れないなど
そんな中順調に伸びていき、何なら過去最高更新!!
toyota純利益推移

トヨタの株価推移

これもさすがです。いろいろある中順調に伸びていき、何ならここ数年の伸びはすさまじいです。
トヨタの株持っておくのもありかもしれません。
toyota株価推移

今回は以上になります。
さすがトヨタ様という感じですか。日本の誇り!今後も注目していきたいです。

以下も読んでみてください!
【独占禁止法違反】値引きが増えた?コンビニの利益の実態【フードロス低減】

【騙されるな】ロボアドバイザーまさにカモネギ!(WealthNavi(ウェルスナビ)など)がダメな理由。デメリット手数料が高い、高すぎる。実績より説明。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました